麹の小堀産業
メールアドレスkobori@koborisanngyou.com  電話:045-501-2867  〒230-0052 神奈川県横浜市鶴見区生麦5-13-47

 
麹の取り扱い、戻し方について


弊社の麹は、乾燥麹です。お米のようにパラパラしています。
そのために、間違ってお米を送ってきたのでは、ないかと思う方もたまにおられます。

保存しやすいように水分を抜いているためにそう見えるので、甘酒にもお味噌造りにも塩麹にもきちんと使えます。

あまり接したことのない乾燥麹なので使う時にいろいろ不安だと思いますので少し説明します。



保存期間

  量り売り麹は、お買い求めいただいてから3か月ぐらいでお願いいたします。
蔵麹は、商品の後ろに賞味期限が記してあります。4,5か月ぐらいです。
麦麹は、米麹に較べると賞味期限は、短いです。こちらも商品の後ろに賞味期限が記載されております。最低でも1か月は、あるようにお出ししています。


保存方法

  量り売り麹は、常温で保存できます。直射日光を避けた涼しい場所がいいです。夏は、冷蔵庫で保管してください。
蔵麹は、少し水分が多いため、15度ぐらいの場所で保存するのがいいです。開封したら、冷蔵庫に入れてください。


麹の戻し方

  沸騰してさました人肌のお湯にひたひたにひたして30分ほどおいてください。
お味噌の場合は、お湯の代わりに種水(大豆の煮汁)で戻してもかまいません。

ただし、水分を入れて造るもの(お味噌、甘酒、塩麹など)は、特に戻さなくても生麹と同じ様に作れます。ただ、乾燥麹が水分を吸うので多少、生麹より水分を大目に入れます。
もちろん、戻してから使っていただいても結構です。


※弊社の乾燥麦麹は、米麹より水分を吸います。多めに種水を加えるか、戻してから造った方がいいかもしれません。
   

量り売り麹1キロ   860円
蔵麹1キロ袋入り 1,080円
麦麹1キロ袋入り 1,180円

戻る

トップへ
麹・大豆
手造り味噌材料
小堀産業トップ
お味噌の量計算機
 
米麹・麦麹
 
麹の取り扱い
 
 
豆 販 売
 
麹・大豆レシピ
 
質問コーナー
味噌(麹)の科学
メールマガジン
問合せ・感想等
リンク集
小堀産業案内図
お買物ガイド
会社概要


有限会社小堀産業
代表取締役 小堀裕明
TEL045−501−2867

FAX045−521−3833
〒230−0052
神奈川県横浜市鶴見区生麦5−13−47