麹の小堀産業
メールアドレスkobori@koborisanngyou.com  電話:045-501-2867  〒230-0052 神奈川県横浜市鶴見区生麦5-13-47


★★するめの麹漬の作り方★★


 

1.

醤油1合・するめ3枚・麹2合を用意します。
2.

醤油1合を同量の水でうすめ、沸騰させます。その後、常温まで冷ま します。

 

3.

密封できる容器に冷ました醤油を入れて、麹を混ぜ、するめをひたし ます。

 

4.

 

そのまま1週間おいておきます。

以上で、でき上がりです。


■材料について

するめ3枚にしたのは、買うときに3枚セットだったもので、そうしまし た。
3枚といえば、結構多いです。 実際は、2枚を麹で漬けて、1枚を醤 油だけで漬けました。麹を入れるとどう違うか確かめたかったのです。
す るめを容器に入れる際は、特に切らずそのまま入れました。ただし、容器 が小さかったので入るようにするため最低限切りました。
※実際には、するめを4,5ミリの幅に切ってから漬けたほうがいいです。
醤油、水、麹は、 1:1:2であれば容器に入れてするめがひたせる量で大丈夫です。


一週間置く

おこなった時期は、3月の後半で桜が咲く前で、まだ寒い日もある頃でし た。一週間おいてもみためは、まったく変化なしでした。かびでもはえた らいやだと思ったけれどありませんでした。


麹だけをまず食べてみました。えっ、麹ってこんなにおいしいのかという のが、最初の印象でした。ほんのり甘くて、醤油の味がしてまろやかな味。 麹をお味噌でしか食べない人にとっては、初めての味だと思います。ぜひ 食べてみてください。



するめ

するめは、適度にやわらかくなり、上品な味でした。細かく切ってお皿に のせ食べました。正直なところ、麹だけ食べた時の印象に比べると想像以 上の味ではなかったです。するめの場合、焼いて醤油とマヨネーズをつけ るのが、ベストだと思います。でも、試してみる価値はあると思います。


醤油漬と麹漬

麹で漬けるとどんな風に違うかなと思い、今回は醤油だけで漬けたのも試 してみました。漬ける醤油は、麹漬と同じように同量の水で薄め、沸騰さ せ、冷ましたものです。結果は、まず、堅さが麹の方が軟らかかったです。 ただし、不思議なことにつけてから1週間の時点では、そうだったのです が、それから2,3日たったら、同じくらいのやわらかさになっていまし た。すなわち、軟らかさでは、互角でした。決定的に違うのは、味です。 醤油だけのは、生臭い味で、おいしくなかったです。


最後に

今回のするめの麹漬は、とにかく麹がおいしかったで す。ただし、やっぱりするめを食べるにはあぶって食べるのもいいです。 だから3枚するめを買ったら2枚は、あぶって1枚だけ麹漬にしたらどうでしょうか。変わった酒のつまみが欲しい時、お客様が来 た時など、結構いいです。
私どものお客様が作った「スルメの麹漬け」の作り方がのっています。このページの作り方とまた違います。
是非、ご覧下さい。……
麹漬けにトライ
 
麹・大豆
手造り味噌材料
小堀産業トップ
お味噌の量計算機
 
米麹・麦麹
 
麹の取り扱い
 
 
豆 販 売
 
麹・大豆レシピ
 
質問コーナー
味噌(麹)の科学
メールマガジン
問合せ・感想等
リンク集
小堀産業案内図
お買物ガイド
会社概要


有限会社小堀産業
代表取締役 小堀裕明
TEL045−501−2867

FAX045−521−3833
〒230−0052
神奈川県横浜市鶴見区生麦5−13−47