麹の小堀産業
メールアドレスkobori@koborisanngyou.com  電話:045-501-2867  〒230-0052 神奈川県横浜市鶴見区生麦5-13-47
たらこの麹漬けのタイトルロゴ

★たらこのからし麹漬け★

実に簡単です。
麹もおおさじ2杯ぐらいしか使いません。
置いておく時間も3日ぐらいです。
それでいて家族に結構好評でした。

今回は、たらこの麹漬けを利用した2種類(にら,いわし)のあえものを作ってみました。

■材料
たらこ1腹  麹おおさじ2杯  にら(にらあえ用)  いわしのオイル漬け缶詰(いわしあえ用)  あさつき


たらこたらこたらこ

■作り方
1. 麹(おおさじ2杯)に麹の半分程度のお湯を入れます。(今回の場合はおおさじ1杯ぐらい)その後、麹にふたをして30分ぐらい保温します。50度から60度ぐらいだと思います。その保温の簡単なやり方ですが、今回、参考にした本には、“熱湯の入ったやかんのふたを返した上にのせる”とありました。30分ぐらいするとどろりとなってきます。結構いい方法でした。
2. たらこをしごきだして1で作った麹とよく混ぜます。
3. それを3日ぐらい置きます。冷蔵庫の野菜室に入れて置きました。
4. 3日後に出してなめてみるとたらこの塩からさが少しまろやかになっていました。
5. にら和えの場合 かたゆでにして、一口大に切ってあさつきと一緒にあえます。
いわしの場合 缶詰のいわしはやわらかいので簡単にあえられますので、こちらもあさつきと一緒にあえます。
どちらも量はお好みであえてください。私は、大体同量程度で試してみました。


麹カット麹カット麹カット

■味
酒のつまみというか面白い味でした。私の妻はおいしいといってくれました。
ただし、なんというか試しに麹を入れないであえてみたのですが、麹をいれなくてもたらこはおいしいし、いわしもにらもおいしかったです。
もちろん、麹をいれた微妙な甘さはないのですが……
 
 
麹・大豆
手造り味噌材料
小堀産業トップ
お味噌の量計算機
 
米麹・麦麹
 
麹の取り扱い
 
 
豆 販 売
 
麹・大豆レシピ
 
質問コーナー
味噌(麹)の科学
メールマガジン
問合せ・感想等
リンク集
小堀産業案内図
お買物ガイド
会社概要


有限会社小堀産業
代表取締役 小堀裕明
TEL045−501−2867

FAX045−521−3833
〒230−0052
神奈川県横浜市鶴見区生麦5−13−47